スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015ふれあい縁農

『種まき』
2015年4月5日ふれあい縁農で訪れたときの栃木の大森さんの麻畑の様子です。
4月5日は『種まき』でしたが、生憎の天気で作業は行いませんでしたが、3月末に蒔かれた種の発芽している様子を見ることができました。上手く写真が撮れなくて分かりにくいのですが、鋸歯状の本葉が見られました。これが3ヶ月後には2m~3mになるのですから驚きです。ごろごろ見えるのは石です。ここは、周囲の山から土砂が流れて堆積して出来た土地で、『こんなにたくさん畑に石があるなんて!!』と思ってしまうのですが、このやせ地がよい麻(野州の麻)を作り出します。そして、台風が来ない(弱まる)場所であることも高く生長する麻にとって最適な土地なのだそうです。
20150405ふれあい縁農+(2)_convert_20150517150350
畑の近くに桜の木があって、この桜の花が種まきの時期を知らせてくれるのだそうです。
20150405ふれあい縁農+(3)_convert_20150517150423
土地の性質や気候条件の他にこの地で麻栽培が盛んに行われていた理由に道具の発明があるとのことです。これは『はしき』と呼ばれる種をまく機械(播種機)ですが、このおかげで一度に種まきができるようになり、大量生産が可能になったそうです。蓋に『昭和丗年向五カ年保倹』と書かれていて、この蓋が現在で言う保障証になります。面白いです。
20150405ふれあい縁農+(10)_convert_20150517155130

その他、麻の栽培、麻の用途(横綱の綱など)、麻栽培とご神事など盛りだくさんのお話でした。
20150405ふれあい縁農+(5)_convert_20150517150444


『細がき・太がき』
今回は参加出来ませんでした。来年はぜひ。



『間引き』
6月27日、久しぶりに大森さんの畑を訪れることができました。この日も小雨降っていたので作業は出来なかったのですが、麻は2mを越えるほど(高いもので2m50cmくらいかと)に生長していました。畑の合間に立つと、ほのかに香る麻の香りと、麻に囲まれて清々しい気持ちになります。

031_convert_20150709113738.jpg

033_convert_20150709113646.jpg

畑の周囲は日に当たるため、短めで下部まで葉が生えていますが、内側は、葉が枯れて上部にしか葉が生えていません。大森さんの畑では、繊維用の麻を栽培していますが、用途によって4種類に分けられています。糸用の麻は、茎が細く、葉の色も優しい感じでした。
043_convert_20150709113831.jpg

026_convert_20150709113455.jpg


間引きには、風を入れて均一な麻にする風入れ間引きと、よい品質の麻を残す揃いの間引きがあり、揃いの間引きは収穫の前日に行われるそうです。間引かれた麻は畝間に横たわっていました。

5月に種まきされた来年の種用の圃場では、膝下ほどの高さに生長しています。繊維用とは対照的に、枝を伸ばし、花をつけさせるため、畝間180cm、株間も間引きながら100cmほどにしてゆきます。
030_convert_20150709113714.jpg


研修生の方が麻はぎをされていたので、その様子も見ることができました。2月に入ったばかりとのことでしたが、慣れたものでした。
053_convert_20150709113912.jpg

午後は大森さんのお話。生まれてから命を終えるまで、そして、次の命に繋がってゆく…暮らしと麻の話が中でも印象的でした。
帰りに、大森さんが月参りをしている賀蘇山神社を訪れました。麻の注連縄が張られていました。山奥にひっそりと佇んでいるお社ですが、拝殿上は宿坊(過去)、大きな木彫りの天狗、遥拝殿の木彫りの龍・・・とても信仰の篤い場所だと感じました。この賀蘇山神社、後になってお話を伺ったのですが、忌部族の最終地点(利根川系)とも言われています。それは、過去、斎藤姓であったこと、天狗、火防せの神様が祀られていること(焼き畑を行う)から推測できるとのことです。機会があれば、山頂の磐座を訪れてみたいです。
065_convert_20150709115914.jpg

063_convert_20150709114037.jpg

062_convert_20150709114010.jpg



『麻切り(収穫)』
7月19日の麻切りの様子です。麻切りと言っても、刈って収穫するのではなく、根ごと引き抜きます。その後(私たちは行いませんでしたが)、根を切り落とすまでが麻切りの作業になります。

二人一組で『一、二、三!』と声を出し、息を合わせて2回で抜きます。そして、抜いたものを傍らに積み重ねてゆきます。
001_convert_20150923141043.jpg

根切り、葉打ち後の195cmの長さに整え、束にしたものを窯で煮ます。途中、上下を返します。
006_convert_20150923141307.jpg

そして、ハウスの中に干します。2、3日すると奥のように白っぽくなります。
002_convert_20150923141142.jpg

これを再度煮ます。こちらは、浸かったらすぐに返します。
008_convert_20150923141452.jpg

見学しているだけでも汗が止まらない夏真っ盛りのこの時期に、収穫から湯かけ、干すまでの作業は本当に過酷な作業だと思います。これから精麻にする行程もありますが、この事を見ても糸一筋も大切に扱おうと思いました。

種取り用の麻、『間引き』の時から一か月余りで腰上辺りに生長しました。株間が広いため、日が当たって枝もぐんぐん伸びています。
010_convert_20150923141537.jpg


『麻の花見学と麻引き体験』
9月12日、集中豪雨の後で心配されましたが、永野は上流のため、被害は特になかったとのことで安心しました。8月の猛暑の後の気温の低下で、今年は開花が1週間ほど遅れたとのこと。2.5mほどに伸び、枝の先端に少し緑がかった小さい白い花が咲いています。
070_convert_20150923151527.jpg
080_convert_20150923151656.jpg

花粉が重いため遠くに飛ばず(そのため、大森さんは人によって麻は広がっていったと話されていました)、ポンと軽くたたくとあまり広がらずに真下に落ちます。
072_convert_20150923151609.jpg

こちらは雌。側枝の根元に小さな実が見えます。先から赤い雌しべが2本出ていて、これで花粉をキャッチし、実が成熟します。(少し画像を大きくしましたが、分かりづらいですね…m(__)m)
074_convert_20150923153913.jpg

話は『麻引き体験』に移りますが、この画像は麻槽(おぶね)です。ここに乾燥させた茎をくぐらせ、むしろの中で2~3日発酵させます。皮が硬くても軟らか過ぎても上手く剥げないので熟練を要するところです。
086_convert_20150923151757.jpg

皮が軟らかくなったところで、『麻剥ぎ』をします。根元をポキンと折り、皮と茎が外れるとそこから面白いようにスーッと皮が取れます。
053_convert_20150709113912.jpg

『麻引き』は、現在機械で行われるのが殆んどですが、手引きは繊維が一つ一つ離れるため、糸作りに向いています。こちらは手引きの道具です。場所によっては、木の持ち手に鋼の歯が付いているものもあります。板の上に皮目を上にして繊維を置き、根元からしごく様に麻掻き(おかき)を少しずつ動かして皮だけを取り除くのですが、なかなか難しい!!こちらも熟練の技が必要です(全てに於いてですね)。
083_convert_20150923151727.jpg

お見せ出来るものではなかったので^^;、大森さんの奥様が機会引きされたものをご覧下さい。
068_convert_20150923151453.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。