スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へそ玉

麻糸産み養成講座のテキストを開くと、まず始めに江戸時代の麻糸績みしている女性たちの絵が載っています。その中にへそ玉が描かれています。縒りを掛けている年配の女性の足元に。それから、左端の若い女性は麻桶から糸を巻き取りへそ玉を作っています。

大麻の糸作りでは、紡錘車で縒りを掛けることと同様、へそ玉を作ることも長らく行われていなかったようです。

今回、初めてへそ玉を作り、よりひめの糸を作りました。(様子が分からないので少量にしました)
績んだ糸を毛糸玉のように巻き取ります。
かわいらしい大麻のへそ玉が出来ました。日の光に輝いてとてもきれいです。
へそ玉+(7)_convert_20150224231447

そして、しばらく水に浸します。
水がスーッと浸透してゆくのが分かりました。大麻糸(または紐)で釣りをしたことはありませんが、この”スーッ”が重要で、水の中に入れたときに魚に気づかれにくく、よく釣れるそうです。それにしても、水によってさらに輝きが増してとても美しいです。そう言えば、父も釣りは大麻の糸に限ると話していました。今はナイロンですけど・・・(+o+)
へそ玉+(8)_convert_20150224231538

それから、縒りを掛けていつもの工程。よりひめの糸の完成です(^^♪
よりひめ+(2)+-+コピー_convert_20150224231732

一度巻き取るのは時間的ロス?絡むのでは?と思っていましたが、全く絡む心配なく、作業効率が格段にスピードアップしたのには驚きました。
昔の方々が行っていた技術。智慧をまた一つ学びました。伝統技術に触れることで得られる喜びです(^^)
スポンサーサイト

文旦のママレードとカシューナッツのパン

お菓子作りのとても上手なご近所の方から、文旦のママレードをいただきました。爽やかで優しい香り。そのままでも美味しいのですが、ホシノ天然酵母(レーズンや玄米酵母なども試しましたが、扱いが良いので定番になりました)の生地に練りこみ、表面にも塗って、その上に粗く刻んだカシューナッツをのせて焼いたら、ちょっと贅沢な大人のパンに仕上がりました(^^♪

種イモを保存して苗から育てている紅まさり(2年目)。今まではダッチオーブンで焼いて食べていましたが、友人宅でいただいた干し芋がとても美味しかったので、試しにこれを干してみたところ、水分が飛んで甘みが増し、お日さまのエネルギーもいただいて、滋味あふれる味に。干し芋があまり好きでないねぎさんも気に入っていました。数日間、天候が悪くて部屋に干していたら、2歳の次男がファスナーを開けてはこっそり食べていたようで、気付いたら半分ほどに(*_*)相変わらず食べることが大好きな次男です(^^)

001_convert_20150218001931.jpg

味噌づくり

震災後にたくさん味噌を仕込んでから、味噌作りはお休みしていました。まだ残っていて3年もの。いや、それ以上に。少しアルコールのような風味も出てきた感じもするけど、コクがあって美味しい。この寒い時期、低体温の私の体には合っていて、体が温まります。(子どもたちにはちょっと重いかな(^^ゞ)

震災の年の7月ごろ、長男の咳が止まらなくなり、ソーラムオイルを毎晩塗ったり、園庭や畑にEM菌を散布したり、味噌を始め、食料を備蓄したり、いろいろ不安に思っていたことを思い出します。

まだ味噌は大量に残っているし、夏でも作れるので、もう少し消費してからとも思ったのですが、季節がそうさせたのでしょか、気持ちが動いたので仕込むことにしました。

大豆2キロ、玄米麹2キロ(マルカワさんのレシピは大豆1.3キロで麹2キロで甘い味噌が出来ます♪)、塩900グラム(10%は詰めた上に敷く)、調整用で大豆ゆで汁と塩(適当塩分12%くらい)。

以前は、要領を得ていないのに気持ちだけは早く仕上げたくて、失敗することもありました。(豆が硬いのと水分不足は致命的なようで、内部に緑や黒カビが生えて食べられなかった^^;)

計量と浸水と煮るのを押さえていれば大丈夫です。甕に味噌玉を入れ始めたころで2歳の次男がお昼寝から目を覚まし、興味を示して甕の中を覗いたり、味見をし始めましたが、無事終えることが出来ました。

ところが、土間の物置に置こうと、蓋を取りに行って戻ったら、子どもの口がもぐもぐ・・・、見ると、平らにならしたところに小さな指の跡が3本(*_*)これもまた楽しい思い出に(^^)

003_convert_20150218002029.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。