スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌づくり

震災後にたくさん味噌を仕込んでから、味噌作りはお休みしていました。まだ残っていて3年もの。いや、それ以上に。少しアルコールのような風味も出てきた感じもするけど、コクがあって美味しい。この寒い時期、低体温の私の体には合っていて、体が温まります。(子どもたちにはちょっと重いかな(^^ゞ)

震災の年の7月ごろ、長男の咳が止まらなくなり、ソーラムオイルを毎晩塗ったり、園庭や畑にEM菌を散布したり、味噌を始め、食料を備蓄したり、いろいろ不安に思っていたことを思い出します。

まだ味噌は大量に残っているし、夏でも作れるので、もう少し消費してからとも思ったのですが、季節がそうさせたのでしょか、気持ちが動いたので仕込むことにしました。

大豆2キロ、玄米麹2キロ(マルカワさんのレシピは大豆1.3キロで麹2キロで甘い味噌が出来ます♪)、塩900グラム(10%は詰めた上に敷く)、調整用で大豆ゆで汁と塩(適当塩分12%くらい)。

以前は、要領を得ていないのに気持ちだけは早く仕上げたくて、失敗することもありました。(豆が硬いのと水分不足は致命的なようで、内部に緑や黒カビが生えて食べられなかった^^;)

計量と浸水と煮るのを押さえていれば大丈夫です。甕に味噌玉を入れ始めたころで2歳の次男がお昼寝から目を覚まし、興味を示して甕の中を覗いたり、味見をし始めましたが、無事終えることが出来ました。

ところが、土間の物置に置こうと、蓋を取りに行って戻ったら、子どもの口がもぐもぐ・・・、見ると、平らにならしたところに小さな指の跡が3本(*_*)これもまた楽しい思い出に(^^)

003_convert_20150218002029.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。